yjisrgmage

aloneとby myselfの違い

By admin, 12月 8, 2017

こんにちわ(*^▽^*)
本日は雨ですね(*_*)

今日はalone(1人で~)と言う単語のお話をしたいと思います。

まずaloneのイメージを
つかんでみましょう(#^^#)

alone の持つイメージはとにかく「一人」です。

alone には lonely ほどの感情が見えません!!
ですが一匹狼のような雰囲気です。

たとえていうなら
スナフキンはalone です。
みにくいアヒルの子は lonely です。
シンデレラも lonely です。

このようなイメージです!!

ひとりで住んでいる。
ひとりで料理をした。
ひとりで旅行に行く。
ひとりで英語を習得した。
ひとりでいるのは寂しい。

これを全部 alone にするにはちょっとしっくりこないところが出てきますよね。

特に最後はどう考えても lonely ですね。

上4つは alone でも大丈夫なのですが、
実はもうひとつぴったりな英語があるんです!!

私はこの単語を最近知りました(#^^#)


友人が私にニョッキを作ってくれたんです。
友人のお母さんはイタリア系アメリカ人なのでイタリア料理は身近なものです(#^^#)

私たちに「ママ直伝のニョッキを食べてほしくて、昨日私がひとりで作ったの!」と持ってきてくれました。
その時の言葉がこれです。

「I made my mom’s gnocchi by myself last night!  by myself」


です。これが alone ではない「ひとりで」という英語です。
by myself 「自分自身で」という意味です。


友人は
この by myself という英語をよく使います。
最初の頃は「I went to Tokyo by myself.」と言っていました。

今はもう慣れたものなので「I went to Tokyo alone.」と言えますけどね(#^^#)


イメージできますか?
「I went to Tokyo alone.」より
「I went to Tokyo by myself.」の方が一人でがんばったニュアンスが出ていると思いませんか?


alone だと単に「一人で行ったの」という感じですが、
by myself だと「自分ひとりで行けたのよ!」という努力が見えます。

「すごいじゃん!よかったね!」って返事したくなります。

私はこの by myself という言葉が好きになりました。

前向きな感じがしますよね。

4つの日本語も英語にしてみましょう。

ひとりで住んでいる。
I live alone.
I live by myself.

一人で料理した。
I cooked alone.
I cooked by myself.

ひとりで旅行にいく。
I’ll go on a trip alone.
I’ll go on a trip by myself.

ひとりで英語を習得した。
I learned English alone.
I learned English by myself.

どうでしょうか?
alone. と by myself の違いがわかったところで読んでみると全然違う文に見えませんか?
特に4つめは by myself の方がしっくりきますよね!!!


alone は単に事実を述べた文に
by myself は感情が入った文に見えてくるから不思議です( ゚Д゚)

もうあなたも知らなかった頃の自分には戻れませんよ!!!!!

あなたはもうこの二つの文は同じには見えません!


最後の「ひとりでいるのは寂しい。」を英語にすると I’m lonely.

alone を使うと、I’m lonely being alone. という感じになります。

この文には by myself は使えません。

by myself には「自分自身で」という意味があるので
「自分自身で」に置き換えられる「ひとりで」の場合に使ってくださいね(#^^#)

是非活用してみてください(^^)/

http://nara-nichibei.jp/

0745-72-1952
奈良県北葛城郡王寺町格・受験・進学・・・・・・
中国語・韓国語・スペイン語・フランス語・・・・・・
奈良・王寺・西大寺 スクールなら

NARA日米英語学院にお任せ・・・・

What do you think?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>